業務に必要な外付けhddが認識しない場合の原因と対策

HDD

データを戻す

分解

仕事で使用する携帯電話が壊れてしまうと、大変ですよね。取引先の方や同僚の方と、連絡が取れなくなってしまいます。消えた情報は、データ復旧をしてくれる専門業者に依頼をして、直してもらいましょう。

この記事を読む

関連サイト

  • データ復旧110番

    データ復元のプロがその問題を解消してくれますよ!ハードディスクの故障などで困っているなら相談してみよう。
  • スキットフレキシー

    業務効率化に繋がります。販売管理をクラウドで行ないませんか?多くの情報を簡単に管理できるようになりますよ。

トラブルに遭った時の対策

HDD

ビジネスの拡大に伴って、パソコンの容量を増やしたいと考えて外付けのhddを購入して接続している企業や会社は多くあるでしょう。毎日仕事で使っているパソコンですが、衝撃に弱くちょっとしたことがトラブルの原因となります。外付けのhddをパソコンが認識しない原因と対策を紹介します。会社でもしもトラブルに遭った場合の参考にしてください。

まず、外付けhddが起動しない一番の原因はUSBケーブルや電源ケーブルが正しく接続されていないことです。当たり前のことのようですが、意外とケーブルが接続されて居ないことでhddが起動しない初歩的なミスは多くあります。一度、USBケーブルや電源ケーブルを抜いてもう一度接続してみましょう。USB端末自体も接続しなおして、問題がないか確認しましょう。それでも、外付けhddが起動しない場合は、hdd自体が損傷している可能性もあります。

また、パソコンがパーティションをきちんと認識していない可能性も考えられます。外付けhddであっても、中身の構造はパソコンに内蔵されているhddと同じです。hdd内のデータの構造も変わることはありません。外付けhdd内はパーティションがフォーマットされて初めて使うことが可能になります。パーティションに万が一、異常が発生している場合はドライブとしてマウントできなくなります。hdd内のデータの構造やルールは外付けのhddでも全く一緒です。まずは、パーティションがきちんと認識されているのか確認することは重要です。もし、認識されていない場合は、インターネットで復旧方法を検索するとよいでしょう。いち早くトラブルを解決して、通常業務に戻りましょう。

業者に依頼する

IT

会社で使用するビデオカメラに録画したものが全て消えてしまったら、焦ってしまい色々なボタンを触ってしまいます。しかし。むやみに触らないでで専門業者に見てもらいましょう。

この記事を読む

プロに見てもらう

システム

職場のパソコンに保存している情報が消えてしまったら、業務に支障をきたしてしまいます。消えてしまった情報はプロの業者に、データ復旧を依頼すると良いでしょう。そうすれば、業務も今まで通りにこなすことができます。

この記事を読む

Copyright© 2015 業務に必要な外付けhddが認識しない場合の原因と対策All Rights Reserved.